即日でお金を借りる方法について調べてみました。

即日でお金を借りる方法!条件や注意点はなに?

 

貯金も無く給料日まで数日あるのに、今日中に携帯電話料金を支払わなければ強制的に止められてしまうなど、とにかくその日にお金が必要というケースもあるかと思います。

 

そこで家族や友人などから借金をしてやり過ごすのも一つの方法かもしれませんが、周囲の人からお金を借りるお願いをするのって抵抗ありませんか?

 

お互いに決めた期日までに完済したとしても、結局借金をしたという事実はずっと残ることから、多少なりとも「お金の管理が出来ない人」と思われてしまいます。

 

だからこそ周囲の人から借金をするのではなく、大手消費者金融や銀行カードローンなどへ申し込みをして、お金を借りる方法をオススメします。

 

 

現在では即日キャッシングが主流で、大手消費者金融でしたら申し込みをした当日中に融資を実行してもらえます。

 

しかし即日にお金を借りる方法にはいくつかの注意点があります。

 

例えば即日対応可能な曜日や時間帯に全ての申し込みを済ませてしまうことです。

 

多くの場合、平日14時までにはすべての契約を完了させなければ、振込先の銀行が閉まってしまうまので即日でお金を借りることができないのです。

 

仮に申し込み完了したとしても、即日対応の時間外ですと、実際にお金を借りれるのは翌日や翌営業日になってしまうことがあります。

 

もちろん、平日の14時までにすべての契約を終わらせればOKですが、そんなときオススメなのが大手消費者金融の自動契約機でお金を借りる方法です。

 

大手消費者金融であれば、どこも無人契約機を全国各地に設置しています。

 

この自動契約機で契約すれば、その場で現金が受け取れるため14時を過ぎたとしても即日でお金を借りることができるのです。

 

もちろん自動契約機は年中無休ですから、曜日に関係なく土日や休日でもお金を借りることができ、無人契約機でしたら朝から夜まで営業していますので、時間的な余裕もあります。

 

土日にお金を借りる方法の詳細はこのページ

 

 

ただ、自動契約機でお金を借りる方法でも、営業時間を過ぎてしまえばお金を借りることはできません。

 

無人契約機の営業時間については、各設置場所や会社により違いがありますので、事前にインターネットの公式サイトから確認しておくと良いでしょう。

 

 

また、自動契約機でお金を借りる方法でも、申込時に必要書類が全て揃っていなければいけません。

 

基本的には運転免許証やパスポートなどの本人が確認できる書類のみで問題ありませんが、融資金額が高額だったり、少額でも場合によって収入証明書の提示を求められることもありますのでご注意ください。

 

確実にその日のうちにお金を借りる方法をとるなら、源泉徴収票や給与証明書などを準備しておくとスムーズに申し込みが出来ます。

 

このように、カードローンで今すぐお金を借りる方法は、条件や注意点があるのでよく覚えておきましょう。

 

 

審査通過してお金を借りるにはどんな条件が必要?

 

お金を借りる方法としてカードローンやキャッシングが一番手っ取り早い方法と言えます。

 

より身近な存在となりお金を借りる方法としては気軽に利用できるサービスではないでしょうか?

 

ですが金融機関でお金を借りるためには審査を通過しなければいけません。

 

どの金融機関も明確な審査基準というのは公開していませんが、審査で重視する項目はある程度共通しています。

 

 

まず申込者本人に収入がなければいけません。

 

収入がないと借りたお金を返せませんから当然と言えます。

 

但し単に収入があるだけではダメで継続的に一定額の収入がある状態でなければいけません。

 

収入に波があるような方は返済できない可能性が高いので金融機関でも極力そのような人には貸付しません。
ちなみに、下記でも説明しますが働いていない人がお金を借りる方法はまずありません。

 

 

続いて、勤続年数も審査では重視されます。

 

同じ職場に長く働いていることで仕事も収入も安定しますので、勤続年数が長いほど審査は有利となります。

 

最低でも1年以上一つの職場で働き続けていないと審査に通るのは難しいです。

 

働き始めたばかりだったり、転職を繰り返しているような人は審査に通る可能性は低いです。

 

 

最後に信用情報です。

 

信用情報とはローンやクレジットカードの利用履歴のことを言い、指定信用情報機関にて管理されています。

 

ローンやクレジットカードに申込む、契約する、返済するといった事をする度にその情報が記録されます。

 

ローンの審査では申込者の信用情報をチェックし融資判断を下しているのです。

 

返済遅延や債務整理をすると事故情報として記録され、この情報が記録されている間はローンの審査に通る可能性は先ずありません。

 

永久的に記録が残るわけではありませんが、長期間保存されますので十分に注意しましょう。

 

 

お金を借りる方法として最も手っ取り早いと言われるカードローン。

 

ネックとも言える審査ですが、重視される項目をある程度理解していればさほど不安になること無く申し込みできるのではないでしょうか?

 

ちなみに、審査時にウソをついたとしても必ずバレます。

 

なぜ審査のうそがバレるのかについてはこのページを参照に⇒お金を借りる審査で嘘をつくとなぜバレるの?

 

 

低金利でお金を借りる方法なら銀行カードローン

 

低金利でお金を借りる方法を御存知でしょうか?

 

カードローンやキャッシングの金利はどこも同じと思っている方は意外と多いのではないでしょうか?

 

しかし実際に各金融機関の金利を見ていただければおわかりの通り、金利は異なります。

 

特に消費者金融と銀行とでは金利に大きな差があり、銀行のほうが低金利でお金を借りる方法といえるでしょう。

 

消費者金融でも利用限度額が高額となれば、金利はそれに応じて低くなりますので低金利でお金を借りることは可能です。

 

 

しかし利用限度額を高額設定してお金を借りる方法には、それだけの利用実績や返済実績、そして期間を要します。

 

一方銀行カードローンは上限金利であっても消費者金融と比較して3%以上も金利が低いです。

 

限度額が少額であっても低い金利で借入が出来ます。

 

ですから低金利でお金を借りる方法としては銀行カードローンの利用を検討するのが良いのかもしれません。

 

中には上限金利でも10%以下で借りれる超低金利のカードローンもありますので利息を極力おさえたいのであれば銀行カードローンを中心に申込むのが良いでしょう。

 

ただ銀行カードローンは審査基準が厳しいのがネックと言え、借りたくても借りれない可能性が高いです。

 

低金利でお金を借りる方法としては最適ですが借りれなければ意味がありません。

 

一般的な銀行カードローンは正社員でないと審査に通るのは難しくパートやアルバイトなど属性の低い方にはハードルが高いです。
ではそういった人は低金利でお金を借りるのは諦めなければいけないのでしょうか?

 

実は消費者金融では低金利どころか金利無しでお金を借りる方法があるのです。

 

このお金を借りる方法を使えば、30日間だけ等期間限定となりますが、期間内に返済する分に関しては一切金利が発生しません。

 

消費者金融は審査が柔軟ですから属性の低い方でも借りれる可能性は十分にありますので、利息を少しでも抑えたいのであれば、消費者金融の無利息キャッシングでお金を借りる方法を検討してみると良いでしょう。

 

 

専業主婦がお金を借りる方法はある?

 

専業主婦でもお金を借りる方法をあるのご存知でしょうか?

 

カードローンは申込者本人に安定収入がないと申し込めませんので基本的に専業主婦は申込むことが出来ません。

 

但し例外措置として配偶者に安定収入がある場合は専業主婦でもカードローンに申込むことが可能となります。

 

専業主婦がお金を借りる方法は配偶者貸付と銀行カードローンの2種類あります。

 

配偶者貸付とは配偶者との年収を合算してローンに申し込みお金を借りる方法です。

 

主に中小の消費者金融にて取り扱っているサービスで、年収の3分の1以下まで借り入れが可能となります。

 

申込みには配偶者の同意書、収入証明書、婚姻関係証明書などの書類が必要となり手間がかかります。

 

当然ながら旦那に内緒でお金を借りることは出来ないと思って良いでしょう。

 

既に説明した通り配偶者貸付を扱っているのは中小の消費者金融のみで大手消費者金融で配偶者貸付で借りれる所はどこもありません。

 

中小の消費者金融だから絶対に駄目とは言いませんが、万が一トラブルが起きたときの対応等はどうしても不満が残ることが多く、安心面で大手に劣ります。

 

銀行カードローンの場合は、配偶者貸付とは異なり収入合算で申込むのではなく配偶者の収入等で審査し貸付を行います。

 

申し込みに必要な書類は基本的に本人確認書類のみでOKとなります。

 

配偶者貸付のように同意書や婚姻関係証明書などは必要ありません。

 

但し、利用限度額はかなり低めに設定されますので、高額の借り入れができると期待して申し込まないように気をつけましょう。

 

また同意書は必要ありませんが、勤務先に在籍確認の電話連絡は行われますので旦那に内緒で借りるのは難しいです。

 

主婦がお金を借りる方法の詳細ページもチェック!

 

 

未成年の学生がお金を借りる方法はない!

 

未成年でも金融機関でお金を借りる方法はあるのでしょうか?

 

カードローンやキャッシングの申込資格条件を見ていただければお分かりの通り、申込可能な年齢は満20歳以上からとなります。

 

銀行や大手消費者金融はもちろんのこと、中堅の消費者金融ですら20歳以上から出ないと申し込み不可としています。

 

安定した収入があることも条件となりますが、仮にアルバイトで収入を得ている学生であっても未成年であれば申込むことは出来ません。

 

と言うのも、未成年への貸付は金融機関にとってリスクが大きいからです。

 

未成年が行った契約は本人若しくは親権者が後から取り消すことが出来ます。

 

未成年者を保護する観点からこのような権利が認められており、契約ははじめから無かったことになります。

 

ですから仮に契約してお金を借りた場合はそのお金を金融機関に返還しなければいけません。

 

もし借りたお金を全部使ってしまい返還するお金が全く残っていない場合はどうなるのでしょうか?

 

実はそのような場合は返還しなくてよいということになります。

 

最も金融機関から損害賠償を請求される可能性がありますのでタダではすまないかもしれませんが、未成年への貸付にはこのようなリスクがあるためどの金融機関も申込みは20歳以上からとしているのです。

 

中には親の同意を得られればお金を借りる方法のある金融機関もありますが、殆どは名前も聞いたこともないような中小のサラ金ばかりですので利用はおすすめしません。

 

ただ未成年者にはお金を借りる方法が全くないというわけではありません。

 

例えばクレジットカードは未成年でも造ることが出来ますし、キャッシング枠が付帯されればお金を借りることだって出来ます。

 

未成年がお金を借りる方法としては一番手っ取り早い方法かもしれません。

 

ただ借金であることには変わりはありませんので、お金を返す当てがないのであれば絶対に借りないことです。

 

どうしてもお金が必要であれば、まずは親に相談することをおすすめします。

 

 

無職でお金を借りる方法はない!アルバイトがオススメ!

 

金融機関からお金を借りるには本人に収入がないといけません。

 

借りたお金は返さなければいけませんから収入がないことには返済できないわけですから当然ですよね。

 

中には無職だけでお金を借りる方法を知りたいという方もいるようですが、無職でもお金を借りる方法なんてありません。

 

公的融資ですら収入があることが前提条件となっていますので、金融機関からお金を借りるのは諦めましょう。

 

だからといって違法な貸付をしている金融業者や個人間融資を利用するのは絶対に止めましょう。

 

違法業者からお金を借りてしまえば借りた本人だけでなく親や兄弟、親戚、友人にも迷惑をかける事になりかねません。

 

違法業者は債務者をとことん追い詰めてきますので一度お金を借りてしまうとたちまち借金地獄に陥ってしまいますので利用しないことです。

 

個人間融資は気軽にお金を借りる方法として一部の人から人気ですが、始めから騙すつもりで参入している人もいます。

 

お金を騙し取られたり個人情報を盗み取られてしまったなど被害に遭っている人も沢山いますので、やはり利用は避けるべきです。

 

そもそも借りれたとしても返すだけの資力がないわけですから後々トラブルにはることは目に見えているはずです。

 

返す当てもないのにお金を借りるようなことは絶対にしないことです。

 

急ぎでお金が必要であれば日雇いのアルバイトをしてみると良いかと思います。

 

日雇いバイトは働いたその日に給料を受け取ることも可能です。

 

高額収入が期待できる仕事もありますので、短期でガッツリ稼ぐことだって可能です。

 

日雇いバイトを始めるには派遣会社に登録する必要があります。

 

様々な仕事がありますのでまずは登録だけでもしてみると良いでしょう。

 

中には週払いなどその日に給料を受取れない仕事もありますので、必ず確認してから仕事に応募するようにしましょう。

 

 

親にお金を借りる方法!なんて言い訳すればいい?

 

お金を借りる方法として手軽で確実性の高いのがカードローンやキャッシングです。

 

ですが金融機関からだけは絶対に借りたくないと言う人もいらっしゃることかと思います。

 

高い利息がつきますからそれだけ損をしてしまいますから、そう思うのも無理はありません。

 

そのような方にオススメのお金を借りる方法は親や兄弟からお金を借りるです。

 

審査なし利息なしで良いことづくめと言えるでしょう。

 

しかし親や兄弟からお金を借りる上でネックとなるのが、なんて言い訳をすれば良いのか?ではないでしょうか。

 

お金のことで心配かけたくないと思うあまり、なんて切り出せば良いのか分からない、どう言い訳しようかと悩む方は多いでしょう。

 

あなたを信用してお金を貸してくれるわけですから、嘘をついて借りたことがバレれば親はきっとがっかりするでしょうしトラブルに発展する可能性だってあります。

 

本来であれば変な言い訳はせず、正直に話してお金を借りるのが一番良いのです。

 

ただそうは言っても事情によっては中々正直に言いにくいこともあるかもしれません。

 

ですから参考までに実際に親や兄弟からお金を借りた事がある人が使用していた言い訳をいくつかご紹介したいと思います。

 

まず特に多かったのが冠婚葬祭が重なってしまったと言う理由でお金を借りることです。

 

冠婚葬祭が重なることは決して珍しいことではありませんので、相手から共感を得やすく割りとすんなり借りれたという人の声が多いです。

 

常にお金がないのではなく、たまたま出費が重なってしまったと言う場合は借りやすいのかもしれません。

 

他には利息を就けて返す、〇〇日に給料が入るからそれで借りたお金を返すからと言った理由で借りる人も多いです。

 

利息を付けて返すということはお金を貸す側にメリットがあります。

 

もちろん無理な金利設定をする必要はありませんが、分かりやすいようにするのが良いです。

 

例えば10万円借りる場合は、月に1万円ずつ11回払うなど計算しやす利息を提案すると良いかと思います。

 

親や兄弟であってもお金を催促するというのは抵抗があるものです。

 

ですから何時までに返すのかをハッキリさせておくことで相手も安心してお金を貸すことが出来ます。

 

何時までに返すのかハッキリ伝えてから借りるのも非常に重要なことです。

 

 

友達にお金を借りる方法!理由はどうすればいい?

 

お金を借りる方法として友達から借りるという方法もあります。

 

ですが友人関係を考えると躊躇してしまいますよね。

 

お金の貸し借りが原因で関係が悪くなったり崩れてしまわないだろうかと誰もが悩むことでしょう。

 

どうしてもお金が必要で友達からお金を借りなければいけない状況の時、どのようにすれば互いの関係を悪化させること無くお金の貸し借りが出来るのかと悩む方は多いのではないでしょうか?

 

どんな理由であれば友達はお金を貸してくれるのか?

 

これは逆の立場になって考えると分かりやすいかもしれません。

 

例えばギャンブルでお金を使いすぎてしまい生活費が足りなくなってしまった、こんな話を聞かされて快くお金を貸せるでしょうか?

 

遊びに行きたいからお金を貸して欲しい、これも大半の方は眉をひそめてしまうところでしょう。

 

では冠婚葬祭が続いてしまってお金が足りないから貸して欲しい、これなら納得して貸してくれる可能性は高いのではないでしょうか?

 

要は予想打にしない出来事でお金が必要になってしまったと言う理由であれば友達も手助けしたいと思うのではないでしょうか?

 

ただ言い訳というのはとどのつまり嘘をつくということになりますので、心が痛むという方も多いでしょう。

 

どうしても言い訳をしなければいけないという方もいるかもしれませんが、極力相手の信頼を裏切らないためにお正直に離すのが一番でしょう。

 

そして友達からお金を借りる場合であっても、借用書は必ず作るようにしましょう。

 

友達から信頼してもらうのもそうですし後になってトラブルにならないためにも借用書は作っておくほうが良いですよ。

 

 

国や市役所からお金を借りる方法もある!

 

お金を借りる方法は何も消費者金融や銀行など民間の金融機関だけではありません。

 

日本には国や市役所からお金を借りる方法もあります。

 

もちろん条件がありますので申し込めば簡単にお金を借りる方法というわけではありませんが、クリアできれば生活費等を借りることが出来るのです。

 

公的貸付制度にも色々ありますが代表的なものとしては総合支援資金貸付制度が挙げられます。

 

職を失い収入が途絶えてしまい生活するためのお金がない、日常生活を送るのが困難である方を対象とした貸付制度です。

 

次の仕事が見つかるまでの相談や支援を受けることが条件となります。

 

ですから仕事がないからお金がない、だからお金を貸してほしいではダメで、あくまでも働く意欲や能力はあるのに仕事が見つからないと言う状況にあって初めて利用することが出来ます。

 

あくまでも経済的に自立するために必要なお金を貸し付けるのが目的の制度です。

 

公的機関の貸付制度は民間の金融機関と比べると条件が非常に細かいですので、どんな条件なのかよく確認するようにしましょう。

 

またお金を借りる理由が正当なものでなければ貸し付けてもらうことは出来ません。

 

主に生活費として借りますので、ギャンブルや交遊費目的で借りることは一切できません。

 

貸付金額は利用目的に寄ってことなります。

 

生活支援費であれば単身で月額15万円、2人以上で月額20万円、一時生活再建費は60万円以内、住宅入居費は40万円といったようにそれぞれ限度額が異なります。

 

国や市役所からお金を借りる上でネックとなるのが必要書類の準備です。

 

民間の金融機関とは比較にならないほど提出する書類が多くやや面倒といえます。

 

ただそれだけ手間がかかる手続きだけあって利息や返済条件はかなり優遇されていますので、面倒かもしれませんが書類の準備は怠らないようにしましょう。

 

国や市役所からお金を借りる方法を知らないという方は意外と多いです。

 

その為お金を借りるとなった時、民間の金融機関から借りる方法しか思いつかないという人も多く、これは非常にもったいないです。

 

民間の金融機関とは比べ物にならないくらい金利は低いですし、返済条件もかなり良いものとなっています。

 

提出書類が多く手続きに時間がかかるのがネックでもありますが、お金を借りたあとのことを考えれば民間で借りるよりも断然良いですから是非活用していただきたい制度です。