即日すぐにお金を借りる方法を調べてみました。

即日融資希望なら曜日や時間帯に注意してカードローンに申し込みを!

 

貯金も無く給料日まで数日あるのに、今日中に携帯電話料金を支払わなければ強制的に止められてしまうなど、とにかくその日にお金が必要というケースもあるかと思います。

 

そこで家族や友人などから借金をしてやり過ごすのも一つの方法かもしれませんが、周囲の人からお金を借りるお願いをするのって抵抗ありませんか?

 

 

お互いに決めた期日までに完済したとしても、結局借金をしたという事実はずっと残ることから、多少なりとも「お金の管理が出来ない人」と思われてしまいます。

 

だからこそ周囲の人から借金をするのではなく、大手消費者金融や銀行カードローンなどへ申し込みをして、お金を借りることをオススメします。

 

 

現在では即日キャッシングが主流で、大手でしたら申し込みをした当日中に融資を実行してもらえます。

 

しかし即日にお金を借りるためにはいくつかの注意点があり、例えば即日対応可能な曜日や時間帯に全ての申し込みを済ませてしまうことです。

 

 

融資の申し込みをしたとしても、即日対応の時間外ですと実際にお金を借りれるのは翌日や翌営業日になってしまうことがあります。

 

そこでオススメなのが大手消費者金融を利用することであり、どこも無人契約機を全国各地に設置していますので、曜日に関係なくいますぐお金を借りられます。

 

 

しかも無人契約機でしたら朝から夜まで営業していますので、時間的な余裕もあります。

 

無人契約機の営業時間については、各設置場所や会社により違いがありますので、事前にインターネットの公式サイトから確認しておくと良いでしょう。

 

また申込時に必要書類が全て揃っていなければいけません。

 

基本的には運転免許証やパスポートなどの本人が確認できる書類のみで問題ありませんが、融資金額が高額だったり、少額でも場合によって収入証明書の提示を求められることもありますのでご注意ください。

 

確実にその日のうちにお金を借りるためにも、源泉徴収票や給与証明書などを準備しておくとスムーズに申し込みが出来ます。


改正貸金業法施工により総量規制が導入され、個人が消費者金融から借り入れできる金額は年収の3分の1までとなりました。
これによりお金を借りるのが難しくなってしまった人も出てきています。
年収の3分の1迄ということですから、そもそも収入のない主婦は借りたいと思っても借りれるところがかなり限られてしまいます。
家計を上手くやりくりしても急な出費などで時にはお金が足らないなんて状況も出てくることでしょう。
そのような時、カードローンがあればサッとキャッシング出来ますから家計が一時的にピンチでも助かりますよね。
では主婦が銀行や消費者金融のカードローンでキャッシングするにはどうすれば良いのでしょうか?
ここでは主婦がキャッシングするための条件について解説していきたいと思います。

 

主婦と言っても働いていていて本人に収入がある方と、家事を専業とする主婦の2種類に分かれます。
前者の場合、本人の収入が安定していれば銀行でも消費者金融でも問題無く申し込み可能と、選択肢が広く用意されています。
しかし専業主婦の場合ですと、申し込み可能な所はかなり限られてきます。
カードローンは原則として本人に安定収入がないと申込不可となります。
ですが配偶者の収入と合算することで申し込み可能とする「配偶者貸し付け」が可能な金融機関があります。
配偶者に安定した収入があれば申し込みができるのですが、配偶者貸し付けが可能な金融機関は銀行が殆どで、しかも数えるほどしかありませんので、選択肢はかなり限られてしまいます。

 

主婦の場合ですと正社員としてよりもパート勤務で働いている方のほうが多いかもしれません。

 

正社員でないとカードローンでキャッシングは無理と思う方もいらっしゃいますが、そのような事は決してありませんので安心してください。

 

カードローンの利用条件は金融機関に寄って異なりますが、大体はパートやアルバイトでも申し込みが可能です。

 

但し正社員でないと申込不可とするところもありますので、申し込み前に利用条件は必ず確認するようにしてください。

 

 

審査では収入が重要視されますが、金額そのものよりも安定性があるかどうかが重要となります。

 

毎月滞り無く収入が貰えていれば安定していると判断されやすく評価も高くなります。

 

パートですとそこまで高額な収入は見込めないかもしれませんが、毎月安定的であれば特に問題ありません。

 

但し働き始めたばかりですと審査に通るのは難しくなりますので注意が必要です。

 

勤務年数は最低でも1年以上は欲しいところです。

 

あまりにも勤務年数が短いと辞める可能性もあるので安定しているとは見なされにくいのです。

 

 

パート主婦の場合、銀行系カードローンに申し込むことも可能です。

 

ですが出来れば消費者金融のほうが良いかと思います。

 

というのも銀行系カードローンは審査が厳しいからです。

 

正社員でも審査に通るのは難しいくらいですから、確実に借入したい場合は消費者金融のほうが無難でしょう。

 

 

収入が安定しており勤続年数も1年以上あると審査に通る可能性が高くなりますが、信用情報に傷が付いていますと審査通過は難しくなります。

 

信用情報とはローンやクレジットカードの利用履歴のことで、ローンの審査では必ずチェックされる項目です。

 

ローンやクレジットの支払いを遅延したり、任意整理など借金整理をすると事故情報として記録が残り、この状態を傷が付くと言います。

 

信用情報に傷が付いていると評価ががくんと下がり審査に通る可能性はほぼ無いと思ったほうが良いです。

 

それぐらい審査に大きく影響しますので、もしローンやクレカを利用されている場合は過去に返済遅延を繰り返ししていないかなどチェックしておくと良いでしょう。

 

大手の消費者金融なら自動契約機で手続きすれば旦那さんに内緒でキャッシングすることも可能です。

 

借金していることを知られたくないという方は、大手消費者金融に申し込みすると良いでしょう。

 

 

専業主婦の場合、上述したように銀行系カードローンに申込みすることとなります。

 

消費者金融でも配偶者貸し付けを行っているところもありますが、扱っているのは名前も聞いたことのない中小サラ金ばかりですから安全性を考慮すると銀行に申し込むほうが良いでしょう。

 

また金利も銀行のほうが安いですから、少しでも返済負担を減らしたいのであれば銀行に申し込むほうが良いのです。

 

 

配偶者貸し付けの場合、申し込み時に必要となる書類が一般のかたと少々異なります。

 

本人確認書類の他に、配偶者の収入証明書と同意書が必要となります。

 

また審査時には配偶者の勤務先に在籍確認の電話が行われます。

 

専業主婦の場合、パート主婦のように内緒でキャッシングするという事は出来ません。

 

 

続きを読む≫ 2016/04/17 17:06:17

 

土日にキャッシングするにはどうすればよいのでしょうか?

 

既にカードローンの契約をしており手元に専用のローンカードをお持ちであれば、ATMから即座にお金を引き出すことが可能です。
この場合は土日祝日であっても何の問題もありません。
ではまだ契約もしておらず、これから新規で申込みするという方の場合、土日にキャッシングすることは可能なのでしょうか?

 

結論から言いますと土日祝日で新規でキャッシングすることは可能です。
但しその為には業者選びを間違えないこと、即日融資の条件を満たしていることの2つをクリアしなければいけません。
ここでは土日でも新規で借りたい方のために、借り入れするためのポイントを解説していきたいと思います。

 

最近では即日融資に対応したカードローンが多く、申し込んだその日に借入も難しくなくなりました。
ですが金融機関や貸金業者は基本的に平日のみ営業となり、土日は申込受付だけ審査などは行っていなところが殆どです。
これらの金融機関もしくは貸金業者にうっかり申込んでしまうと、休み明けに融資実行となり目的と達成することが出来ませんので注意しなければいけません。

 

銀行と中小サラ金は基本で土日祝日は休日となり営業していません。
大手消費者金融なら土日祝日も営業していますので、大手消費者金融に絞って申し込みすると良いでしょう。
銀行系カードローンでも一部土日対応している所はありますが、審査基準と即日融資の条件の両方が厳しいですから、そもそも当日中にお金を借りる事が出来るのか正直怪しいというのが本音です。

 

大手消費者金融での融資方法は銀行振込とローンカードの2種類です。
銀行振込は基本的に土日祝日は反映されません。
ですが提携金融機関の口座を持っている場合は、土日祝日でも振り込みが反映されます。
提携金融機関は業者ごとに異なりますが大体はネットバンクとなります。
申込先の提携金融機関の口座を持っているのであれば銀行振込による借入でも特に問題ありません。
ネットバンクなら15時以降の振込でも反映されますので、非常に便利ですよ。

 

提携金融機関の口座を持っていない場合はローンカードによる借入れ方法を選択しましょう。
大手消費者ならインターネットから申し込みが可能です。
入力も非常に簡単ですから時間も手間もかかることはないでしょう。
申し込み後審査が始まり、速ければ30分後ぐらいには審査結果が通知されます。

 

 

審査に通過しましたら本契約の手続を取りローンカードを受け取れば完了となります。
ローンカードは受け取ったその日から借りれるので安心してくださいね。
ローンカードの受取方法は郵送若しくは自動契約機のどちらかが基本です。
郵送ですと自宅にカードが届くまでに3日前後はかかりますから物理的に即日で借入れは不可となります。
ですからこの場合は自動契約機もしくは無人契約機でローンカードを受けとりましょう。

 

最寄りの自動契約機がどこにあるのか分からないという方は、各業者のホームページから検索しましょう。
都道府県ごとに設置場所が記載されていますので簡単に見つけることが出来ますよ。
自動契約機で申込みすることも可能ですが、申し込みはインターネットで済ませたほうが効率的です。
慣れない場所に1時間近く待たされるのは苦痛でしょうし、何より審査に落ちてしまったら無駄足となります。
ですから申し込みはインターネットで済ませていおくのがが良いですよ。

 

 

審査通過後に自動契約機へと向かいますが、その際に持参しなければいけない書類が2点あります。
それは本人確認書類と収入証明書です。
本人確認書類は必ず必要となる書類で、収入証明書は申し込み希望額が50万円を超える若しくは他社借入額と合計して100万円超える申込の場合にのみ必要となります。
本人確認書類は運転免許証・健康保険証・パスポートのいずれかのコピーでOKです。
収入証明書は給与明細・源泉徴収票・確定申告書・納税証明書などいずれか1点で大丈夫です。
業者ごとに必要となる書類が多少異なりますので、自動契約機に行く前に担当者に必ず確認を取りましょう。

 

自動契約機に着きましたら、中に入りオペレーターの支持に従って操作を進めていきましょう。
難しい操作は一切ありませんので初めての方でも問題無く手続きできるかと思います。
契約が完了しましたら数分後に専用のローンカードがその場で発行されます。
併設されたATMやコンビニATMでキャッシングが出来るようになります。

 

自動契約機で手続きする場合は営業時間に注意が必要です。
各業者ごとに営業時間が異なりますので必ず時間内に間に合うように手続を行う必要があります。
また何時までに申し込みする必要があるのかの条件も違いますから、この点も必ず確認するようにしてください。
特に土日は混雑しますから時間に余裕を持って早めに申込手続きを済ませておきましょう。

 

以上が土日でキャッシングする際のポイント解説です。

続きを読む≫ 2016/04/17 17:03:17

 

キャッシングカードを利用することによって、日本全国にある提携ATMでいつでも気軽にお金を借りれることから、今すぐに借入が必要で無かったとしても万が一のために一枚作っておくと生活に余裕を持つことが出来るようになります。

 

しかし誰でもカードローンでキャッシングが出来るワケではなく、各消費者金融が定める融資条件を満たしている必要があります。

 

最低条件として満20歳以上であること、そしてもう一つが安定収入を得ていることが挙げられ、これら2つの条件を満たしていれば消費者金融へ申し込みをすることが出来ます。

 

ではデリヘルやソープなどで風俗店勤務をしている風俗嬢でも消費者金融でお金を借りることが可能なのでしょうか?

 

イメージ的に、風俗嬢の借入は出来ないと考えてしまうかもしれませんが、実際のところは、風俗嬢はもちろん、水商売などの夜の仕事の方でも融資対象となっているのです。

 

ただし注意点として日払いや体験入店といった収入が安定していない状態ですと、審査で断られる可能性が高いです。

 

もし風俗嬢の方が消費者金融でお金を借りたいと思っているのでしたら、シフトが組まれて収入が安定していることが絶対条件となります。

 

あとは本人確認の出来る運転免許証やパスポートなどを提示すれば、原則として収入証明不要で全ての申し込み手続きを完了させることが出来ます。

 

さて、最後に在籍確認についてです。

 

消費者金融側としては、申込者が本当に風俗嬢の仕事をしているのか判断することが出来なく、それを証明するために必ず在籍確認の電話を行います。

 

審査担当者が個人名でお店へ電話をして在籍さえ確認出来ればそれでOKなのですが、皆様の中には本名で呼び出されるのに抵抗を持っている方もいらっしゃるかと思います。

 

全ての消費者金融で認めてくれるワケではありませんが、中には源氏名を使っての在籍確認電話を可能にしているところもありますので、申し込みをする時に確認しておくと良いでしょう。

続きを読む≫ 2016/03/28 17:44:28

 

お金が必要な時にまとまった融資を受けられる大手消費者金融や銀行系カードローンというのは、定期的に安定収入があり満20歳以上の方でしたら審査基準をクリアすることでお金を借りることが出来ます。

 

借入したお金は原則として自由に使うことが出来ますので、キャッシングカードを一枚財布の中に入れておくことで、万が一の時に大変便利な存在となること間違いありません。

 

そこで気になるのが、サラリーマンやOLといった会社に属していなく、自営業者や個人事業主でも同様に借入が可能なのか?っということです。

 

その答えは「YES」で、自営業者や個人事業主でも条件さえ満たしていれば特に問題なく融資を受けることが出来ます。

 

条件については、一般のサラリーマンなどと同じで満20歳以上で安定収入があることであり、未成年者や収入が安定していない人の利用は出来ません。

 

しかし自営業者や個人事業主の場合、本当に収入が安定しているということを書類で証明する必要があります。

 

会社に雇用されていれば、在籍確認電話をすることでそこで働いていることを証明出来るのですが、自営業者となると電話を自宅と兼用しているケースが多いことから、在籍確認電話の意味がありません。

 

そこで証明書類として必要なのが確定申告書の写しといった収入証明書類であり、申込時には必ず提示しなければいけません。

 

その時になって慌ててしまわないためにも、カードローンへ申し込みをしようと考えているのでしたら、先に収入証明書の準備をしておくことが大切です。

 

無事審査に通過することで融資を受けることが出来るのですが、借りたお金を事業運転資金としての利用は出来ません。

 

大手消費者金融の一部では事業運転資金としても利用を認めているところもありますので、もし資金繰りが必要な場合には事前に調べておきましょう。

 

ただ申込時に利用用途を「生活費」として提示し、審査に通過したらそれを事業運転資金に回すという方法もあります。

続きを読む≫ 2016/03/28 17:44:28

 

大手消費者金融や銀行系のカードローンというのは、全くの他人に対してお金を融資するワケですから、申込時には入念な審査を行うこととなります。

 

無審査でお金を借りれるカードローンは無く、この審査で各社の基準を満たしていなければ融資を断られてしまいます。

 

まず融資を断られる理由として挙げられるのが「複数社からお金を借りている多重債務者」「過去のキャッシングで返済の遅延を何度も繰り返している方」「債務整理をしている方」などです。

 

他にも大手消費者金融の場合、他社借入額を合計して年収の1/3を超える借入は出来ないという総量規制が適用されることから、年収額と他社借入状況によっては新規キャッシングを断られてしまうことになります。

 

さて、そんな審査についてですが、皆様の中にはどうしてお金を借りる必要があり、申込時に嘘の情報を提示しようと考えている人もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

例えば「他社借入額が100万円を超えているけど20万円にしちゃおう」「すでに3社からキャッシングしているけど1社にしておこう」などの嘘申請です。

 

このような嘘の情報を申込書に記載し提示したとしても、その後に行われる審査によって、100%バレることになります。

 

「どうして他社の借り入れ状況なんてわかるの?」と気になるかもしれませんが、実はキャッシングやカードローンなどの利用状況というのは、個人信用情報機関と呼ばれるところに、全て記録が残っているのです。

 

カードローンの審査では、この個人信用情報機関にアクセスし、申込者の信用情報をチェックするため、どんなに申込書にウソの情報を記載しても必ず事実が判明します。

 

このことから、嘘をついてもバレますので正しい情報を提示するようにしてください。

 

万が一嘘をつかなくても審査通過が可能だった場合、少しの嘘情報が提示されたという事実があるため、信用を失い融資を断られてしまうことになるのでご注意ください。

続きを読む≫ 2016/03/28 17:43:28