主婦でもお金を借りる方法や条件・注意点についてです。

MENU

主婦でもお金を借りる方法は?条件・注意点はなに?

 

 

改正貸金業法施工により総量規制が導入され、個人が消費者金融から借り入れできる金額は年収の3分の1までとなりました。

 

これによりお金を借りるのが難しくなってしまった人も出てきています。

 

年収の3分の1迄ということですから、そもそも収入のない主婦は借りたいと思っても借りれるところがかなり限られてしまいます。

 

家計を上手くやりくりしても急な出費などで時にはお金が足らないなんて状況も出てくることでしょう。

 

そのような時、カードローンがあればサッとキャッシング出来ますから家計が一時的にピンチでも助かりますよね。

 

では主婦が銀行や消費者金融のカードローンでキャッシングするにはどうすれば良いのでしょうか?

 

ここでは主婦がキャッシングするための条件について解説していきたいと思います。

 

 

主婦と言っても働いていていて本人に収入がある方と、家事を専業とする主婦の2種類に分かれます。

 

前者の場合、本人の収入が安定していれば銀行でも消費者金融でも問題無く申し込み可能と、選択肢が広く用意されています。

 

しかし専業主婦の場合ですと、申し込み可能な所はかなり限られてきます。

 

カードローンは原則として本人に安定収入がないと申込不可となります。

 

ですが配偶者の収入と合算することで申し込み可能とする「配偶者貸し付け」が可能な金融機関があります。

 

配偶者に安定した収入があれば申し込みができるのですが、配偶者貸し付けが可能な金融機関は銀行が殆どで、しかも数えるほどしかありませんので、選択肢はかなり限られてしまいます。

 

主婦の場合ですと正社員としてよりもパート勤務で働いている方のほうが多いかもしれません。

 

正社員でないとカードローンでキャッシングは無理と思う方もいらっしゃいますが、そのような事は決してありませんので安心してください。

 

カードローンの利用条件は金融機関に寄って異なりますが、大体はパートやアルバイトでも申し込みが可能です。

 

但し正社員でないと申込不可とするところもありますので、申し込み前に利用条件は必ず確認するようにしてください。

 

 

審査では収入が重要視されますが、金額そのものよりも安定性があるかどうかが重要となります。

 

毎月滞り無く収入が貰えていれば安定していると判断されやすく評価も高くなります。

 

パートですとそこまで高額な収入は見込めないかもしれませんが、毎月安定的であれば特に問題ありません。

 

但し働き始めたばかりですと審査に通るのは難しくなりますので注意が必要です。

 

勤務年数は最低でも1年以上は欲しいところです。

 

あまりにも勤務年数が短いと辞める可能性もあるので安定しているとは見なされにくいのです。

 

 

パート主婦の場合、銀行系カードローンに申し込むことも可能です。

 

ですが出来れば消費者金融のほうが良いかと思います。

 

というのも銀行系カードローンは審査が厳しいからです。

 

正社員でも審査に通るのは難しいくらいですから、確実に借入したい場合は消費者金融のほうが無難でしょう。

 

 

収入が安定しており勤続年数も1年以上あると審査に通る可能性が高くなりますが、信用情報に傷が付いていますと審査通過は難しくなります。

 

信用情報とはローンやクレジットカードの利用履歴のことで、ローンの審査では必ずチェックされる項目です。

 

ローンやクレジットの支払いを遅延したり、任意整理など借金整理をすると事故情報として記録が残り、この状態を傷が付くと言います。

 

信用情報に傷が付いていると評価ががくんと下がり審査に通る可能性はほぼ無いと思ったほうが良いです。

 

それぐらい審査に大きく影響しますので、もしローンやクレカを利用されている場合は過去に返済遅延を繰り返ししていないかなどチェックしておくと良いでしょう。

 

大手の消費者金融なら自動契約機で手続きすれば旦那さんに内緒でキャッシングすることも可能です。

 

借金していることを知られたくないという方は、大手消費者金融に申し込みすると良いでしょう。

 

 

専業主婦の場合、上述したように銀行系カードローンに申込みすることとなります。

 

消費者金融でも配偶者貸し付けを行っているところもありますが、扱っているのは名前も聞いたことのない中小サラ金ばかりですから安全性を考慮すると銀行に申し込むほうが良いでしょう。

 

また金利も銀行のほうが安いですから、少しでも返済負担を減らしたいのであれば銀行に申し込むほうが良いのです。

 

 

配偶者貸し付けの場合、申し込み時に必要となる書類が一般のかたと少々異なります。

 

本人確認書類の他に、配偶者の収入証明書と同意書が必要となります。

 

また審査時には配偶者の勤務先に在籍確認の電話が行われます。

 

専業主婦の場合、パート主婦のように内緒でキャッシングするという事は出来ません。