個人事業主もカードローンで融資可能かについてです。

MENU

個人事業主もカードローンで融資可能?

 

お金が必要な時にまとまった融資を受けられる大手消費者金融や銀行系カードローンというのは、定期的に安定収入があり満20歳以上の方でしたら審査基準をクリアすることでお金を借りることが出来ます。

 

借入したお金は原則として自由に使うことが出来ますので、キャッシングカードを一枚財布の中に入れておくことで、万が一の時に大変便利な存在となること間違いありません。

 

そこで気になるのが、サラリーマンやOLといった会社に属していなく、自営業者や個人事業主でも同様に借入が可能なのか?っということです。

 

その答えは「YES」で、自営業者や個人事業主でも条件さえ満たしていれば特に問題なく融資を受けることが出来ます。

 

条件については、一般のサラリーマンなどと同じで満20歳以上で安定収入があることであり、未成年者や収入が安定していない人の利用は出来ません。

 

しかし自営業者や個人事業主の場合、本当に収入が安定しているということを書類で証明する必要があります。

 

会社に雇用されていれば、在籍確認電話をすることでそこで働いていることを証明出来るのですが、自営業者となると電話を自宅と兼用しているケースが多いことから、在籍確認電話の意味がありません。

 

そこで証明書類として必要なのが確定申告書の写しといった収入証明書類であり、申込時には必ず提示しなければいけません。

 

その時になって慌ててしまわないためにも、カードローンへ申し込みをしようと考えているのでしたら、先に収入証明書の準備をしておくことが大切です。

 

無事審査に通過することで融資を受けることが出来るのですが、借りたお金を事業運転資金としての利用は出来ません。

 

大手消費者金融の一部では事業運転資金としても利用を認めているところもありますので、もし資金繰りが必要な場合には事前に調べておきましょう。

 

ただ申込時に利用用途を「生活費」として提示し、審査に通過したらそれを事業運転資金に回すという方法もあります。