お金を借りる審査で嘘をつくとなぜバレるのかについてです。

MENU

お金を借りる審査で嘘をつくとなぜバレるの?

 

大手消費者金融や銀行系のカードローンというのは、全くの他人に対してお金を融資するワケですから、申込時には入念な審査を行うこととなります。

 

無審査でお金を借りれるカードローンは無く、この審査で各社の基準を満たしていなければ融資を断られてしまいます。

 

まず融資を断られる理由として挙げられるのが「複数社からお金を借りている多重債務者」「過去のキャッシングで返済の遅延を何度も繰り返している方」「債務整理をしている方」などです。

 

他にも大手消費者金融の場合、他社借入額を合計して年収の1/3を超える借入は出来ないという総量規制が適用されることから、年収額と他社借入状況によっては新規キャッシングを断られてしまうことになります。

 

さて、そんな審査についてですが、皆様の中にはどうしてお金を借りる必要があり、申込時に嘘の情報を提示しようと考えている人もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

例えば「他社借入額が100万円を超えているけど20万円にしちゃおう」「すでに3社からキャッシングしているけど1社にしておこう」などの嘘申請です。

 

このような嘘の情報を申込書に記載し提示したとしても、その後に行われる審査によって、100%バレることになります。

 

「どうして他社の借り入れ状況なんてわかるの?」と気になるかもしれませんが、実はキャッシングやカードローンなどの利用状況というのは、個人信用情報機関と呼ばれるところに、全て記録が残っているのです。

 

カードローンの審査では、この個人信用情報機関にアクセスし、申込者の信用情報をチェックするため、どんなに申込書にウソの情報を記載しても必ず事実が判明します。

 

このことから、嘘をついてもバレますので正しい情報を提示するようにしてください。

 

万が一嘘をつかなくても審査通過が可能だった場合、少しの嘘情報が提示されたという事実があるため、信用を失い融資を断られてしまうことになるのでご注意ください。